豪州渡航記

今年のお正月、本部から一番遠い場所で支部会が開催されました。
そう、オーストラリアです。☆佳と野球部マネと現地住人太郎です。
☆佳から旅行記と写真をもらったので、”5B豪州支部会”の様子を大公開!
コメントは、”ほぼ”忠実に旅行記の通りです。(たまにE.T.のコメントあり


12月29.30日は史歩宅に泊めてもらいました。野球部マネはハル宅です。
29日は星野先生とダンナさんとソラ君にも会いました。
史歩が風邪で寝込んでいたので史歩の家まで来てくれました。
残念ながら写真撮るの忘れたけど、先生は相変わらずでした。
30日は野球部マネと二人で太郎たちへのおみやげを買いに渋谷をうろつきました。やっぱり、高清水と和菓子とかやたらお菓子を買いました。夜は、史歩がおみやげをすごい気合でラッピングしているうちに明日のため、寝かせていただきました。朝起きたら、おみやげはすごいことになっていました。
31日は10時の飛行機だけど、史歩宅を出たのは朝4時半!成田はマジ遠かったです。
香港までは成田に比べると結構すぐでした。しかし、飛行機の中でスリランカ人にナンパされ、最後はかなりウザい奴で野球部マネに守ってもらいながら、早く香港に着くことを祈っていました。
奴からは、いま週1で国際電話がかかって来る。
→ 5B、3人目の国際派を狙っては・・・って、ダメか。
香港ではじめて外貨で買ったのは電卓。香港では必要でした。
スタバは香港でも同じだったけど、サンドウィッチがデカかったです。
野球部マネは香港空港でよほど天井が気に入ったらしく、何枚も撮っていました。とても広い空港でした。
香港からは長く、飛行機で年越しでした。
機内食は結構おいしかったけど、エコノミークラスは狭くて窮屈でした。
メルボルン空港に着いたのが1日の朝7時半。なのに太郎は車で迎えに来てくれました。
→ 飛行機から初日の出を拝んだそうです。
正月な感じがしなかったので、無理に飾ったりしてみました。
→ やっと登場。
家に着いたら早速、日本からのおみやげを広げて、太郎は朝ごはんにもちを食いました。
→ 太郎宅から撮影と思われる。やっぱり町並みが”日本”じゃないよね。
昼からは、コリンと太郎の友達と一緒に年一度のサマーパーティーに出かけました。
すっごい人混みで、みんな気合入れてヤバイ服着てる。
→ ヤバめの人たちがイッパイいたらしい。
途中、雨が降ったりして寒かったけど日付が変わるまで踊りまくり。
むこうは夜9時くらいにならないと暗くならないので、時差もあわせて狂っていました。
仕事後の太郎。
→ ANCT時代からこのスタイルやってたな。確か。
2日は太郎が仕事だったけど、居間に布団を敷いて昼まで寝てました。
午後からコリンとショッピングがてらトラムの乗り方を教えてもらいに行きました。
メルボルンではトラムという路面電車が有名で、かなり便利です。
服屋さんでは試着自由だし、同じデザインばっかじゃないし、サマーセールの期間だったのでやたら楽しかったです。
夜ご飯は太郎のお気に入りの店で(太郎はいないけど)オーストラリア名物のフィッシュアンドチップスを食べました。あれは、いっぱい食べると飽きるね。
→ トラム:文中にもあるとおり路面電車のこと。感覚的にはバスと電車の中間位か?
→ フィッシュアンドチップス:白身魚のフライとフライドポテトを塩とビネガーで食べる料理。
3日は二人とも仕事だったので野球部マネとグレートオーシャンロードのバスツアーに参加しました。
初め、パンフを見て「男鹿みたいだね」とか言ってたけど、そんなもんじゃなかったです。
12使徒という岩が超有名ですごかった!すばらしいです。
天気が良くなって海も空も青いし風が外国の風なのよ。
→ すごい!まさにエメラルドグリーン。
→ 手前に移っているブロッコリーを巨大化したような植物は何なんだろう?
現地では日本車が流行している模様。
→ 手前のは三菱パジェロと日産ラルゴ(昔の?)っぽい。おっと!パジェロの上の白いのはエスティマ。
→ 海岸まで降りて撮影か?なんか突き刺さりそう。
ツアーでイルさんという同じ年の韓国人の留学生と友達になって一緒に回りました。
帰りは太郎がマネージャーを務めるヌードルボックスに寄りました。
東ティモール人のコックさんにオススメを作ってもらいました。
彼はかなりいい人だったし、とてもおいしかったです。太郎の店締めを待って一緒に帰りました。
→ 日本風に言えば”焼きそば”か?
4日は野球部マネと2人でお土産を買いに出かけました。
トラムもすっかり慣れて余裕でした。
→ どこまでが車道なの?まったり感が伝わります。
まずはコリンの働いているヴィトンに行き、忘れ物を届けるだけのはずが、野球部マネは大量にお土産を買い始めました。
→ 日本のようなごみごみ感がなくていいなぁ。俺も行きたくなってきた。
→ 馬がいる!馬車が街を走っているとはすごいな。
二人で歩いていたらロボットのストリートパフォーマーに呼ばれて、公衆の面前で写真を撮ってきました。
野球部マネは相当絡まれていて笑われていました。
トラムに乗ってビクトリアマーケットという市場にも行きました。
→ これはヴィトンらしい。
お土産は、自分の買い物に阻まれてなかなかはかどらなかったけど、野球部マネは最後に持ちきれなくてボストンバックまで買っていました。
むこうでも、アジアや日本のものが流行っているらしくきもののデザインの服とか小物もたくさん売ってたし、すしレストランも結構ありました。
帰りは、コリンと待ち合わせをして三人で夜飯を食べに行きました。
初めはアジア料理を食べに行ったんだけど、都合によりカレーに変更。本場のは辛かったです。
→ 辛さのあまり、1名ほど壊れる。
海のほうまで歩いていくと、ケーキ屋さんのストリートが並んでいました。有名らしい。
帰るときにはラッキーなことに、花火が上がってました。日本より大ざっぱな感じだけど、カラフルできれいでした。
家に帰って、買ってきたお気に入りの服を着たら、みんなに「3年の高専祭で星を着たアブみたい・・」と言われショックでした。
→ ちなみに【この写真】です。見比べたらマジで笑った。
→ 盛り上がってます。
5日は太郎の仕事が夕方からだったので3人でメルボルン動物園に行きました。
動物園は日本と違って、オリがなくて、山の中に人間の通り道が作ってある感じでした。
呼ぶと近くまで寄ってきたり、さわれるところで寝ていたり、鳥はそこら辺で歩いたり泳いだりしていて楽しかったです。
コアラとカモノハシはかなりかわいくて興奮しました。
ウォンバットは個人的にブサイクで好きでした。
野球部マネはそれよりも太郎のケツがセクシーだとしつこく言っていました。
昼はイタ飯のあとジェラートと駄菓子屋さんでおなか一杯です。
その日は最後の夜だったので、泊めてもらったお礼に日本食を作ることにしました。
スーパーで太郎と別れ、買い物を始めたけれどやっぱり外国でした。ごぼうはないし、きゅうりはあやしいし、ねぎは帰ってコリンに確認するまで不安でした。店員は白菜も知らないし、大根は食べられたものじゃありませんでした。
何とか買って、カフェでお茶して、トラムで帰るときはもう在住気分。
夜はみんなで肉じゃが・鶏団子鍋・揚げだし豆腐と、日本でも作ったことのない太巻きを食べました。
太郎はお気に入りのシャツなのになぜか私たちはパジャマです。
→ 日本から輸入?
→ オーストラリア最後の夜。

6日は昼の飛行機で香港へたつ日です。
本当にお別れのとき、野球部マネは号泣でした。ちなみに、メルボルンに着いて太郎の顔を見たときも泣いていました。

長い香港までのフライト中、突然野球部マネが持病の腹痛を起こし、苦しみだしました。
偶然はあるもので、ドラマのように隣席の女の人がお医者さんでしたが、結局英語がうまく伝わらずに大変でした。
野球部マネはファーストクラスのトイレを占領したり、ビジネスクラスで休んだりしていましたが、あまり良くならず、お医者さんの彼女に地上の医師と連絡を取ってもらい香港空港で車椅子のお迎えを受けました。
野球部マネがもう少しひどかったら近くの空港に着陸してしまうところでした。
香港空港では、医務室に運ばれ診察を受けましたが良くならず、美味しいものを食べる予定がホテル直行に変更。

7日は香港から成田に向かいました。日本には15時に着いたのにやっぱり、成田から東京駅までは遠かったです。
野球部マネは前日より調子がいいようで、帰りのこまちでは一緒に駅弁を食べてきました。
私が盛岡に着いたのは23時で、大雪でした。

次の日、野球部マネは休みをとっていたのでちゃんと病院に行ったそうです。
私は早速学校というハードスケジュールでした。極寒の盛岡にいるとオーストラリアが夢だったみたいです。
太郎とコリンは来年の冬にむこうで結婚式を挙げる予定らしいので、出来たらまた行きたいと思います。ツアーのメンバー募集中です。


ん?最後の一文は世間一般的に言う”重大発表”というやつではないか。
本当に幸せそうだもんなぁ。
第2回5B豪州支部会は、参加人数をもっと増やして開催したいものです。



[戻る]